まずはスマホの買い替え!それから増税前に毎日使う家電の買い替えを

はじめまして、nakamuraです。

私は現在20代の男性で、会社員をしていますが区分上は正社員ではなく、収入に関しては同世代に比べると少し劣るといったところです。

コツコツと貯金はしていますが、やはり大きな買い物をするほどの余裕がない時もあります。

加えて雪国に住んでいることもあり、これからの季節は暖房費が増え、車のタイヤ交換やストーブの検診など必要な費用は増すばかり。

ここは一発、何億とか何千万など高望みはしないので宝くじでも当選すればと夢をみてしまいます。

もし宝くじに当選した場合、まずはスマホを買い換えたいです。

現在iPhone6を使っているのですが、もう何年も前の機種なので最新の機種に比べると機能や処理速度などに大きな差があります。

iPhoneよりも安価なスマホが販売されているのは分かっていますが、私は4sから今日までiPhoneを使用しているので、機能や使用感等を含めて今更他に変えたくないこだわりもあります。

最新の機種より一つ前の機種でも全然構わないのですが、やはり機種代が高騰していることもあり、毎年新しい機種が販売されアップデートされていくので、なかなか買い換えるタイミングを掴めずに今日までやってきてしまいました。

なので、宝くじに当選して金銭的余裕が生まれたら、何の迷いもなくスマホを買い換えることができるでしょう。

それから、いくつかの家電も買い換えたいと考えています。

これから消費税の増税も控えているので、できれば早く買い換えたいと思っている家電がいくつかあります。

ほぼ毎日使用する炊飯器と掃除機といった主力クラスの家電が購入してそろそろ五年くらいが経過することもあり、衰えが著しい今日このごろです。

炊飯器は蓋の閉まりや温度調節機能に劣化が生じ、炊きムラがあったり保温していた米の劣化が早くなったりと寿命を感じています。

掃除機に関してもヘッド部分に内蔵されているブラシが正常に動作しなくなり、きちんとゴミや埃を吸い取れなくなっており、掃除機の役割を果たせなくなってきています。

どちらも有名メーカーの商品でも安価なものがありますが「機能は劣化しているけど、まだ使えるからいいや」と買い替えを先送りにしてしまっています。

ですが、こちらに関しても金銭的余裕があれば「よし、今すぐ買い換えよう」と決断できると思います。

私は基本的に会社と家の往復がルーティーンなので、これといって大きな趣味もありません。

なので、今必要だと思うスマホや家電の買い替えさえできれば、それほど大きな金額の当選は望みません。

あとは貯金にいくらか回し、何割かを実家におすそ分けできれば十分かと思います。

高級外車や土地、物件の購入といったことや派手な旅行といったものには興味がないので、堅実に、必要なところに正確な使い方ができればいいですね。

降雪の心配の無い地方の、日当たりの良い土地を購入

はじめまして。

関西在住の56歳独身男性です。

宝くじの高額当選を果たした際の私の人生プランについて書かせていただきます。

まずは降雪の心配の無い地方の、日当たりの良い土地を購入します。

そこで畑作を中心とした、ゲストハウスを経営したいのです。

農業に関する縛りが意外と厳しいので、現実と夢との区分は必要でしょうが、気軽に聞き流してください。

まずは母屋作りから。

木目の重厚感を活かした、ロッジのような建物にしたいですね。

木造建築となれば火災対策が厳しいかもませんが、法の容認範囲でのこととお考えください。

出来得れば良質な間伐材も多用したいのですが。

室内は和洋折衷で、伝統的な所に西洋風の要素を加えたら、意外な面白みが出ることでしょう。

冬の期間には暖炉が欲しいですね。

煙対策と煤対策が必要ですが、場合によれば見た目だけが暖炉で、中身は最新式のガスストーブでも我慢しましょうか。

エントランスには来客を持て成すための西洋風の囲炉裏を作り、椅子に腰かけて肉料理と地酒や地ワイン、地ビール等を酌み交わして食事をすると、見知らぬ同士であっても瞬時に百年の知己のように親しく触れ合えることでしょう。

内装は西洋の山小屋風に設えて、山の風情を醸し出してサービスすれば好評だと思うのですが。

ここの売りとして、敷地に設けた畑とビニールハウスで農業体験もできるという風にしたいですね。

トマトやキュウリ、キャベツやアスパラガス、ナス、白菜等で思いつくままの料理を、お客さんと一緒に作ることも楽しい作業のようです。

自分だけでできないとしたら、その土地の有志の方の御助力を受けることもあるでしょう。

そばを一緒に蒔いて、収穫期に再び来られたならその実りを使用してのそば打ち体験もいいでしょう。

そばつゆも可能な限り自家製とし、醤油・味噌なども手作りで提供できたのならすばらしいことですよね。

時間的に自作での果樹園の整備は当分望めないので、契約した農園の所での果物狩りも楽しいですよね。

預かった残りの果実をお客さんの要望での加工品としてお望みの時期に郵送すれば評判のプレゼントとして配ることもできますしね。

その他の体験としては地産の肉の加工品作り、契約した酪農家の所での牛乳搾り、バターやチーズ作りににも挑戦してもらいたいです。

風呂は室内と露天を造営します。

温泉が出なくても雰囲気が楽しめるような、和風とローマ風呂の両方が良いでしょう。

アウトドア派のお客さんに対しては、渓流釣り、ウォーキング、登山、テニス(予備の駐車場を上手く利用)等を楽しめたら最高でしょうか。

実現が難しいとは思いますが、地酒や地ワインの製造販売も手掛けられたらなあ、とついつい思ってしまいますよ。

現実これらのことを同時に実行するのは例え10億円当選しても足りるとも思えませんが、「こういう風になったらいいな」というたわいもない大ボラ話ですから、あまり真剣に考えないで下さいね。

現実には10億円は当たりそうもないから、思い切って膨らんだ妄想話を思いつくままに書かせていただきました。

お付き合いいたでき、ありがとうございました。

年間、2000万円の生活を毎年繰り返す

こんにちは、四角といいます。

年末ジャンボ宝くじに当たったらどうするか。

しかも1等前後賞合わせ10億円。

正直なところ見当もつきません。

あまりにも、額が大きすぎる。

やっぱり、普通の生活ではできないこと、買えないものを手に入れたいと思うんだと思います。

世界中回って色んな事を見たり、色んな物を食べたりして1年ぐらいしてみたい。

それでも1億円で足りてしまうのか、足りないのかわかりません。

恐らく今までの感覚で、わからないお金の使い方しないような気もする。

そうなれば、高価でも金額がわかる物を購入するということになるのかと思います。

車、別荘、マンション、色んな高額なものがあります。

でも買うと、周りに不思議がられて当選がわかってしまうかも知れない。

そこに考えがいってしまうとそれもしないのかも知れない。

どうなるのだろうと考えると、きっとしばらくは何も変わらない生活なんだと思います。

落ち着いて、1ヶ月ぐらい普通に生活を送り、少しずつ生活のレベルをスケールアップして行く生活。

これが色々考え、ベストな選択なんじゃないかと思います。

10億円。

50年と考えても、1年あたり2000万円あります。

年間、2000万円の生活を毎年繰り返す。

これってすごく贅沢で、大きな買い物と言えるのだとすれば、このスケールの人生を選ぶ事が豊かな毎日になるのではないかと思います。

そうなると、仕事はスケールダウンでき、プライベートをスケールアップできる。

仕事の時間は減り、家族との時間が増える。

健康に気を使いながら、ストレスをためない毎日。

まさに、サラリーマンの理想だと思います。

入ってきたお金で資産運用ではなく、働くこと自体を運用と捉え、収入を運用益と考えれば、こんなにノーリスクハイリターンな運用は他にはないと思います。

私の結論として、使い道は豊かな生活、豊かな人生を手に入れる為に使うという事になるかと思います。

しかし、1等前後賞合わせ10億円当たればのお話です。

家を3軒建てます

子供2人の母、共働きのリラッブタです。

両親は4人共健在で、子供が小さいのとてもお世話になりながらの日々を過ごしています。

お互いに1人姉がいます。

宝くじがあたったら、まずは主人と共同購入にしておく事。

ネットで読んだだけなので詳しくは知りませんが贈与税などめんどくさい事が回避出来るらしいと読み、これだけは忘れまいと宝くじを買っています。

あとは、家族には前後賞合わせて10億が当たったとは言わずに、1等だけ当たったと嘘をつきます。

これは、お世話になってきたので家などのお返しはしたいが、その後もたかられては困るので、使いきったと思わせる為。

余分な貯金はないと思わせたい。

最初の使い道は家を3軒建てます。

お互いの実家は持ち家なのですが、どちらも古いので建て直しです。

どちらとも一緒に住む気はないので3軒です。

2人のお互いの姉にマンションを購入。

予算は3軒とマンション2部屋で2億円。

贈与税がかかるのがもったいな気がしてならないので、マンション2部屋は姉達と賃貸契約を結び、固定資産税などにかかる分くらいのお金を家賃として徴収。

ファミリー向けのアパートを建ててそこに姉を住まわせるのも有りかと思ってもいますが、そこは姉に任せます。

甥っ子2がまだ小さくすごくうるさいので、今のアパートでは肩身が狭そうなので、あまり周りに気を使わない部屋を用意してあげたい。

もうひとりの姉は独身で、今は実家にいるのでマンションはいらないかもしれないけど、家を出たいとも言っていたのでその時の姉の気持ち次第で。

とりあえず2億で家族含めみんなの住むところ確保する。

次に一生分の税金と光熱費などの為、引き落とし口座に1億円入れて置き放置します。

車の買い替え、今は古い車が一台なので、
家族でお出かけ用にアルファードを、私が普段乗り回す様に軽自動車、主人の通勤用にプリウスの3台を購入。

姉の車、両親の車も古いので買い替え、
新しい家のための家具や家電など5軒分、
家族みんなで旅行、ここまでで予算1億。

子供達の学費の為に5千万ずつで1億。

夫婦一生分のお小遣いとして1億ずつ。

将来子供たちにあげられるように1億ずつ。

残りの1億は何かあった時様に、目的を決めずに貯金しておく。

そして私は仕事を辞めます。

年収が低いので、生涯収入以上のお金を手に入れるので必要なくなると思います。

主人には仕事を続けてもらい、普段の生活費は主人のお給料でやって行く!!
家賃と光熱費がなくなる分余裕が出てくると思うがちょっと外食が豪華になるくらい。

妄想は止まらないですが、ざっくり毎年年末になると考えてしまいます。

先祖からの借金を返済します

私は家族と猫と暮らす、三十代女性の「ちよ」と申します。

仕事は医療機関の受付で、お給料は少なめ。

また分相応に、慎ましく楽しく暮らしています。

しかし、もし
「10億円が当たったら?」
と考えると、それだけで楽しいもの。

当たらないだろうけど、いっちょ具体的にシミュレーションしたいと思います!

まず、絶対に貫きたいのが
「人に言わない、知られないようにすること」
です!
宝くじに当たった途端、見ず知らずの親戚が大勢、訪ねて来たとか。

寄付の依頼が殺到したとか、使い道で喧嘩して離婚したとか。

当たったばかりに人生が狂った話は、よく聞きます。

だから、絶対人には言わない。

例え親戚でも!!
出来れば、知っているのは自分だけに留めておきたいですが。

家族二人には、バレるだろうなあ……。

そして基本的な方向としては、
「借金を返して必要な出費をし、その残りは全部貯金。

あとは少しずつ、崩して使う」
でしょうか。

あ、あと
「家族三人、一千万円ずつお小遣い」
は欲しいかな。

好きに使うのは、それだけ。

しょっぱい話ですが、大金を手に入れる時は、その半分は税金で取られると聞いたことがあります。

だから、実質手に入るのは、5億円ですかね。

どちらにしても、ピンときませんが。

そのお金から、まずは先祖からの借金を返済します。

ご先祖や家族が頑張って返してくれて、残りは二千万円強らしいですが。

これをさっぱりさせたい。

次に、自宅のリフォーム。

築ウン十年の我が家を使いやすく、快適に。

死ぬまで暮らせるように、きちんと手入れします。

あとは我が家のお墓の、永代供養のお金も払って。

もう残りがいくらあるのか、ちゃんと把握してませんが。

あとは、細々と使いながら、質素に暮らしていきます。

もちろん豪遊せず、仕事も辞めません。

お金は念のため、複数の銀行に分けて預けます。

そして一部の現金は、我が家の敷地の中で保管。

地味でいい、平凡でいい。

普通に暮らしていける、それが充分贅沢だし、幸せなのです。

人と猫と一緒に。